医療的なレーザー治療

そばかすと治療方法について

そばかすとは、色白の人の多い小さく散らばったシミが広範囲にできるのが特徴のシミの一種です。紫外線が原因であるシミが多いのに対して、そばかすは遺伝的な体質によるものが多いとされています。紫外線によって悪化することもあるためしっかり紫外線対策をすることも大切となります。
そんなそばかすを治療したい、という場合には様々な治療方法が行えます。
ピーリング治療は肌質の改善効果が出ますが、効果を感じるまでに時間がかかります。イオン導入は肌に優しくダウンタイムがありませんが、何度も治療が必要で、光治療は広範囲に治療ができますが何度も治療が必要です。
1回で治療の効果を出したいという場合には、レーザー治療がオススメとなります。

レーザー治療の効果と種類

そばかすをレーザー治療で改善する場合、「Qスイッチルビーレーザー」と「Qスイッチヤグレーザー」などがあります。
Qスイッチルビーレーザーは、メラニン色素への吸収率が高いのが特徴です。ピンポイントでの治療に向いているレーザーで、アザの治療にも適しています。軽く輪ゴムが弾かれた程度の痛みがあり、ダウンタイムはかさぶたが10日程度できます。
Qスイッチヤグレーザーは、Qスイッチルビーレーザーよりも性能が良いとされています。2種類の波長で色素選択をすることができ、皮膚の深いところまで治療することができます。これも軽く輪ゴムで弾かれる程度の痛みがあって、かさぶたが10日程度のダウンタイムがあります。
大きさや範囲によってどちらも料金が変わります。